扱いに困る婚約指輪の行方。

結婚指輪の買取量が年々増加傾向にあるというのは頷けますが、婚約指輪の買取量まで増えているという実態を聞いて少し驚いています。

結婚指輪や婚約指輪の買取を専門にしている買取業の方の話によると、
「結婚指輪・婚約指輪は、いったんお互いの仲がうまくいかなくなって解消・離婚という運びになると、あとは扱いに困るだけの厄介な存在になってしまう」のだそうです。

たしかに使わなくなった指輪を取っておくのも嫌だし、
かといってごみ箱に捨てるわけにもいかないし・・・
と、どうにもできない状態がしばらくはつづくと言います。

「嫌な思い出が詰まった婚約指輪なら、見るのも嫌。
それは離婚して指輪を買取に出された方の気持ちと同じです。
婚約解消は離婚にくらべて道のりが短く、禍根のようなものも少ないと思われがちですが、意外にそうでもないのです」と。

そういった人が婚約指輪の買取店があることを知ると、けっこう早いタイミングで買取店にオーダーを入れてくるそうです。

男性の場合なら婚約指輪を質屋にもっていくことも苦ではないでしょうが、女性が質屋ののれんをくぐるのは抵抗があります。

そうした背景や心理的な軽減などのメリットもあって、ネットから簡単に買取依頼できる「婚約指輪買取」に、女性の利用者が急増しているといいます。

「ダイヤ、プラチナ、リング、ブランド品やブランドではないけれどもオリジナルのデザインが施されたもの。

場合によってはネックレス、アクセサリーといったものを一緒に鑑定に出される方もいます。
訪問買取や宅配買取などもありますから、ネット買取の人気は年々高まっています。
無料宅配キットなどもお送りして、こちらサイドとしてもご利用しやすい体制を整えています」と。
>>金プラチナ高額買取なら実績No.1のリファウンデーションへ

需要はますます膨らみそうです。